プレクシャとは

プレクシャ・メディテーションは、今から約2600年前、ブッダの時代からインドに伝わる古代瞑想法を、やはり仏教と同じ時代から存在し受け継がれている古代宗教ジャイナ教(テーラパンタ派)の前最高指導者であるアチャーリヤ・マハープラギャ師が、最新科学の知見を採り入れて現代的に再構成した古くて新しい瞑想法です。

理論面であれ実践面であれ、この瞑想ほど細かく体系的に構築されている瞑想法は他にありません。

それゆえに説明が平易で、初心者でも簡単にはじめられる内容になっています。

また理論的には非常に深遠な内容を含んでいますので、他の瞑想やヨガに通じた人、親しんでいる人にも大いに参考になります。

この瞑想法は、日本では沖ヨガの沖正弘導師が「真の純粋さを学ぶには、ジャイナ教に学びなさい」といわれ、それから数十年沖ヨガないで研究されてまいりました。

日本プレクシャ・ディヤーナ協会では、この瞑想体系を順を追って学べる講座、合宿の機会を設置し、学習教材としての書籍、CD、DVDなどのメディアの提供も行っております。