コラム[生かされて生きている]

メディテーションとは皮膚よりも内側の内部深くに本当の自分を探求すること
である。人間は物質的な身体と非物質的な心や意識との結合によって存在して
いる。私たちが生まれて生き続けることが出来るのは、身体内部に生命エネル
ギーが流れているからである。生命エネルギーは一つ一つの細胞に浸透して活
力を与えている。生命エネルギーは呼吸と伴にあり、意識と伴にある。呼吸が
止まれば生命エネルギーの流れは止まる。生命エネルギーの流れが止まると身
体内部で生起していた感覚も止まる。感覚が止まれば意識は身体と伴にある必
然性がなくなって身体から離れる。意識の本性は純粋性であり完全性である。

しかし私たちの個々の意識は過去の行為によって色が付き純粋でなくなってい
る。意識の性質である完全性と純粋性を求める衝動によって輪廻転生が起こる。
私たちの身体や心は死によって滅するが、意識だけは生き通しである。長い時
が流れて過ぎれば、意識は今とは全く違った場所で違ったもの(人間、生命)
と結びついている。

生き物は身体外部から食物やエネルギーを身体内部に取り込み内部エネルギー
に変換し、それを身体の維持や成長、活動のために使っている。その一連のエ
ネルギー変換作用を統括するものが意識である。私たち人間は生きている間は
身体内部に生命エネルギーが流れている。生命エネルギーが流れているから身
体内部にさまざまな感覚が起こってくる。粗雑なものから微細なものまでさま
ざまな身体感覚は深いレベルのほとんど自覚できないレベルの意識によってキ
ャッチされる。意識によって捉えられた感覚としての情報が神経系を通して瞬
間瞬間脳に伝わっている。脳は感覚を感じて身体に適切な指示をする。空腹を
感じれば食べ、疲れれば休み、眠たくなれば眠る。身体を守り命を継続させる
ために、時には心が悩み身体そのものが不調になって病気になることもある。
病気や悩みは身体を継続させる働きとして起こってくるものだ。だから本来、
悩みや病気は悪いものではなく原因があって起こっているだけである。私たち
の生き方が間違っていると深いレベルの意識が教えてくれているのだと理解し
なければならない。

脳は物質的な身体機能そのものであるが、中枢神経の中で機能して命の働きを
統括しているのは非物質的な意識である。脳そのものの働きも深いレベルで意
識が統括していると言える。物質的な脳の機能と非物質的な意識が結びついて
命を守る働きとして感情が発生し、さまざまな心の働きが起こってくる。私た
ちの意識は誕生前からすでに色付いていて純粋でないから、感情も影響を受け
て、さらに意思や行動にも影響を与えている。私たちが正しく生きようと思っ
ても間違ったことをしてしまう原因は身体内部の深い意識レベルにある。意識
の働きというものを想定しないと、脳の機能だけでは、なぜ我々は間違った選
択をしてしまうか説明がつかない。

私たちの身体も心も、そしてこの世の森羅万象すべてが刻一刻、時間とともに
変化している。すべては変化するエネルギーの流れである。二度と同じ川の流
れの中に足を浸せないと同じように、私たちの身体も心も変化してしまうので、
1秒前の私と今の私は違ったものだし、今の私と1秒後の私は違ったものであ
る。1秒間に人間の小腸栄養吸収細胞は170万個生まれ変わり、24時間で1500
億個ある小腸の栄養吸収細胞はすべて生まれ変わってしまう。身体内部は激し
く一瞬一瞬変化している。身体と心を捉えようとしても変化してしまうので、
そこに恒常的な私を見つけることはできない。

私とは観ている者、感じている主体であり、客体ではない。意識についた色や
汚れは客体であるが意識そのものは主体である。主体的な意識が純粋性と完全
性を取り戻した時、私たちは長い旅を終えて普遍的なものになる。普遍的にな
った意識はもう生き物に生まれることはない。それが解脱だと思う。

宇宙の草創期、宇宙全体に均一に広がった温度の中に、ほんの少しだけ温度差
が起こった。その温度差によってプラスとマイナスの電磁気的な流れが起こっ
た。その電磁気的な流れがあらゆる物質的なものを生み出す根本的な力となっ
た。陰と陽、拡散と収縮、引き合う力と反発する力があらゆる場所に起こった。
宇宙という物質変化の流れそのものが目に見えない宇宙の意識・カルマによっ
て出現したというのがジャイナ教や仏教の基本的な宇宙観である。宇宙は神の
創造によるものではなく、始めのない始めから、終わりのない終わりまでカル
マによって輪廻しているというものだ。

今、なぜ自分はここに存在しているのかと問えば、原因と結果の法則が連綿と
遠い過去まで続き宇宙の始めまで続いていることがわかる。宇宙の始めが始め
でなく、もっと前まで繋がっていることもわかる。反発する力と引き合う力が
姿形を変えてさまざまな場所で起こった。原因と条件の組み合わせによってい
ろいろなことが継続的におこった。偶然のように奇跡のように思える確率の低
い出来事も、必ず由ってくる原因があるのである。しかし、宇宙が始まって以
来、継続的に起こってきたことのどれか一つでも起こらなかったら今の自分は
存在しなかった。星星を含めて森羅万象すべてのものは相互に関連しあって存
在しているのであり、孤立して存在できるものなど何一つない。私たちは引き
合う力と反発する力である無数無限の縁によって存在しているのである。私た
ちは存在していて存在させられている。生きていて生かされている。あなたが
生まれたから私が生まれたのであり、私がいるからあなたがいるのである。私
たちは全体として一つであり、生かされて生きているのである。

地球の周りに月がなかったと仮定してみよう。月がなければ地球の自転速度が
早まると科学的に推察されている、月がブレーキの役割を果たし地球の自転が
遅くなっている。もし月が地球の周りになければ、一日は8時間になる。潮の
満ち引きも起こらない。地上は今よりも強い風が吹き、植物や動物が存在でき
ても今の生き物と全く違った生き物の姿になるだろう。月を生み出した原因と
なったグレートインパクト、小惑星による地球との衝突がなかったら、地軸の
傾きがなくなり、季節の変化が起こらなくなる。地球環境は厳しくて今ある地
球上の生き物は全く別の形態になっている。

少なくとも私たちは太陽に感謝しなければならない。グレートインパクトが起
こったことに感謝しなくてはならない。月の存在に感謝しなければならない。
そしてすべすべてのご縁に感謝しなければならない。

「すべてのものと繋がっている、すべてのご縁によって生かされている。」と
考えて、生きている瞬間瞬間にすべてがその思いで満たされればそれがサマー
ジーである。宇宙があって私が存在できている。尊いご縁によって深くつなが
っている。私の身体を作っているすべての元素はかって宇宙のどこかで他物が
使っていたものだ。宇宙の始めから在ったものと、そのものの形を変えたもの
の再利用である。私が呼吸している空気も地球上にかって存在した植物、動物、
生き物、マハーヴィーラ、ブッダ達が呼吸に使った空気の再利用である。私達
は好きな人の吐いた息だけでなく嫌いな人の吐いた息をも使っている。すべて
は循環して繋がっている。空気だけでなく私たちが飲む水もかって誰かが飲ん
で使ったものの分子を含んでいる。私たちは一人一人過去にも繋がり未来にも
繋がり、同時に空間的に全方向に繋がっているのである。

<著:坂本知忠>
(協会メールマガジンからの転載です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です